京都 エステ 女性の美を応援する 美容・健康情報

腰痛から美容まで、女性の美を応援します

*

 応援記事

今年もあと1カ月!重箱に入れるべきおせち料理

おせち料理の由来


おせち料理を食べないと、「お正月を迎えた気分にならない」ことないですか?

当たり前には食卓に並んではいるけど、

毎年なんとなく同じような料理を食べている。

・・・それには意味があります。

お正月は、五穀豊穣を司る年神様をお迎えし、新年の幸福を授けていただく行事です。

そしておせち料理は年神様に供える縁起ものの料理であるため、

五穀豊穣、家族の安全と健康、

子孫繁栄の祈りを込めた海の幸や山の幸を豊富に盛り込みます。

もともとは収穫物の報告や感謝の意をこめ、

その土地でとれたものをお供えしていましたが、

暮らしや食文化が豊かになるに従って山海の幸を盛り込んだご馳走となり、

現在のおせちの原型ができました。

ホテルや料亭のおせち販売が進み、

我が家でおせちを作る機会も少なくなりましたが、

祝いの意を込めた口取りや煮物などを

日頃台所で立ち働く女性を正月くらいは休ませようという配慮から、

作り置きのきく料理を中心に正月三が日はもつように濃い味付けにしていました。

重箱を重ねることが「福を重ねる」「めでたさが重なる」という意味につながり、

外が黒塗り、内が赤塗りの重箱に料理を詰めます。

重箱の正式なものは五段重ねとされていますが、

現在では少人数の家庭となったこともあり、三段重ねまでのものが多くなっています。

三段重ねの場合は

壱の重に口取、

弐の重に焼物、酢の物、祝肴など、

参の重に煮物

を詰めるのが一般的です。

各重とも、料理の品数は奇数でそろえ五味五色を取り合わせ、

味が混じらないように詰め方に気をつけます。


 

 

おせち料理・祝い肴のいわれ

おせち料理には、

年始を迎えるにあたってのさまざまな祈りが込められています。

 

壱の重(口取り)

重ねた時に1番上になる壱の重には、正月にふさわしい祝い肴を詰めます。

数の子・田作り・黒豆を「三つ肴」といい、

正月には欠かせないものとされています。

関西では、黒豆ではなく、

たたきごぼうを加えた、数の子・田作り・たたきごぼうが三つ肴です。

そして、それぞれの食材には、人々の願いが込められています。

 
  • 数の子

子や孫など、一族が集まって新年の喜びを交わす様子を

子がぎっしり詰まったカズノコに重ね合わせています。

 
  • 田作り(五万米・ごまめ)

カタクチイワシをあめだきにしたもの。

カズノコと同様に

お祝いに集まった子や孫を小魚(ジャコ)が群がる様子を重ね合わせ、

一族の繁栄を願います。

またごまめを田作りと呼ぶのは、

昔はこの魚を田んぼの肥料に使ったことから

田んぼを作るという意味合いで、豊作を願います。

 
  • 黒豆

健康でまめに働けるように、無病息災の思いが込められています。

 
  • たたきごぼう

黒いゴボウを豊作の時に飛んでくるといわれる黒い瑞鳥に見立て、

豊作と1年の息災を願います。

また細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは

縁起のよい食材として様々に使われています。

たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、

身を開いて、開運の縁起をかついだものです。

 
  • 紅白かまぼこ

半円形は日の出を象徴し、新しい門出を祝います。

おめでたい紅白で、

紅は魔除けの意味があり、白は清浄や純潔を表します。

 
  • 伊達巻

鬼すだれで巻いて、文書などの巻き物に見立てています。

読み書きがしっかりとできるように、

教養や文化が身につくようにとの願いがこめられています。

 
  • 昆布巻

昆布は「養老昆布(よろこぶ)」に通じ、不老長寿の意味があります。

 
  • 栗きんとん

栗は「勝ち栗」と呼ばれる縁起もの。

「金団」と書き、黄金色で縁起がよく財宝につながり、

豊かに暮らせるようにとの願いが込められています。

 
  • 錦玉子

卵の黄身と白身の二色が金と銀にたとえられ、

「二色」と「錦」を語呂合わせしています。

 

弐の重(焼き物・酢の物・祝肴)

縁起のいい海の幸が中心です。

 
  • ぶり

ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚。

ぶりで立身出世を願います。
「めでたい」にかけて。

姿もよく味もよい鯛は、めでたい魚として祝膳には欠かせないものです。
  • 海老

ひげが長く、腰が曲がった老人の姿にたとえ、

長生きできるようにとされています。
  • 紅白なます

紅白でめでたく、祝いの水引にも通じます。

家の土台が根菜のように根がはり、しっかりして栄えるともいわれています。
  • 菊花かぶ

菊は国花であり、邪気を祓い、不老長寿の象徴とされています。

 

参の重【煮物】

山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるよう煮しめます。

 
  • れんこん

穴があいていることから、

将来の見通しがきくようにと縁起をかついでいます。

 
  • 里芋

子芋がたくさんつくことから、子孫繁栄の象徴とされています。

 
  • くわい

大きな芽が出るようにとの願いが込められています。

 

 

祝い箸

また、おせち料理をいただくときには、

普段使いの箸ではなく、縁起の良い「祝い箸」を使います。

お正月など、ハレの日には両端が細くなっている白木の箸。

これには一方を自分が使い、

もう一方に神様が宿るという意味が込められています。

箸袋に名前を書くのは、

神様に守っていただけるよう願いを込めたものです。

 

おせち料理などのお正月のしきたりには、

健康や豊穣など、人々のさまざまな願いがこめられています。

諸説ありますが、お正月の意味を知ると、

昔ながらの先人の知恵の結晶が見えてきます 。

この冬、おせち料理を用意するときには

それぞれ願いをこめながらつくってみませんか?


 

エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-は、こちらをクリックしてください⇓
美骨ファクトリー様ロゴ_透過

〒612-8082
京都府京都市伏見区両替町9丁目254-2 北川コンサイスビル103号

TEL  075-634-7041

エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-

http://www.kyotodiet.com/ 

エステダイエット痩身ブログは、こちら⇓
http://aobaseikotsuin.net/blog/

美骨ファクトリーLINE@は、こちらをクリック⇓
友だち追加数

 

 - 食事