京都 エステ 女性の美を応援する 美容・健康情報

腰痛から美容まで、女性の美を応援します

*

 応援記事

和食減塩

スポンサードリンク
【女性の美を応援する 美容・健康情報】

健康志向の高まりとともに、世界中で注目され食べられるようになった和食ですが、
みそ汁・梅干し・塩ザケなど、思いのほか塩分多めの献立をよく食べています。
塩分を取りすぎると高血圧の原因となり、様々な病気につながるため
できるだけ減塩したいですね。
また、塩分が多めのものはアクセント程度にしたり、とりすぎた分を三日をめどに
帳尻を合わせれば、満足感が得られるはずです。
おいしい食べ物が出回るこれからの季節は素材本来の味を楽しめるので、
塩分を減らすきっかけにできるもってこいの時期ですよ。

減塩のコツ

・酢やレモンの酸味、スパイスやハ-ブの香りを利用する
・だし汁で下味をつけて素材本来のうまみを引き出す
・食塩やしょうゆは食卓に置かずに適量を添える
・みそ汁は塩分がおおいので1日1回に
・果物でカリウムを補給して取り過ぎた塩分を出す

DSC_1157
—————————————————————-
宜しければFBページ
「いいね」応援お願いします。
—————————————————————-

 - 食事