京都 エステ 女性の美を応援する 美容・健康情報

腰痛から美容まで、女性の美を応援します

*

 応援記事

目薬の正しい使い方

スポンサードリンク
【女性の美を応援する 美容・健康情報】

目の乾きや花粉症の時期などによく使う目薬ですが、
みなさんは正しく使えてますか?

まず、気をつけたいのは点眼する量。まぶたの中に保持できるは0.02~0.03ml
ですが、目薬一滴の量は0.04~0.05ml。つまり目薬は1滴で十分目に染みわた
ります。目薬を何滴もさすと、水分の蒸発を防ぐ油分もや、涙の中の抗菌成分な
ども洗い流してしまうのでご注意を。

目薬を十分に染みわたらせるポイントは、目薬の量よりもさし方。
涙が鼻に流れる涙点に目薬が入らないよう注意しましょう。
まばたきをすると目薬が流れ出てしまうので、あえてしなくても大丈夫。
点眼後は目を閉じ、指で目頭を押さえて涙点を塞ぎ、1分ほど安静にすると
よいでしょう。

目薬は正しく使ってしっかり目のケアをしたいですね。

IMG_0003_NEW目薬の正しい
—————————————————————-
宜しければFBページ
「いいね」応援お願いします。
—————————————————————-

 - 未分類, 美容と健康情報