京都 エステ 女性の美を応援する 美容・健康情報

腰痛から美容まで、女性の美を応援します

*

 応援記事

ダイエットの強い味方!!レプチンを出す3つの方法

ダイエット成功の鍵を握るといわれるホルモン、「レプチン」

今回はこの「レプチン」の案内をします!!

食欲が止まらない・・・睡眠不足でなぜか食欲アップ・・・など

知ればナットク!!レプチンを意識してキレイ女子に近付きましょう!!

レプチンのあれこれ

レプチンは脂肪細胞より分泌され,

食欲調節およびエネルギー代謝に必要なホルモンです。

最近では生殖機能などさまざまな組織細胞に関与していることがわかってきました。

レプチンは脳の視床下部を制御していますが、普段は脂肪細胞の中にいます。

適切な濃度で存在しているとアンチエイジングに効果があります。

代謝に関するホルモンの管理は甲状腺が主に関わっていると

思われがちですが、

甲状腺を管理しているのがこのレプチンなんですよ。

そして私たちが満腹になるのか空腹になるか、

脂肪をもっと増やすかどうか、

もしくは燃焼させてエネルギーにするかどうか、

の判断をレプチンがするのです。

いつもの食事の際に、お腹が満足してくると、

脂肪細胞からレプチンが出てきて、脳に食欲のブレーキをかけます。

また、インスリンによって脂肪細胞に取り込まれた中性脂肪を

エネルギー代謝に回す指示を出すのもレプチンなんです。

 

食欲をコントロールする2つのホルモン

ダイエットのカギは食欲のコントロールにあります。

でも我慢しようとしても、なかなか食欲は意志だけでは

かなわないところがありますよね・・・

今日案内する食欲のメカニズムには、

体内で分泌される2種類のホルモンが大きく関与しています。

それは、「レプチン」「グレリン」です。

これらがお互いに関係し合い、

最適にバランスをとることで食欲はコントロールされています。

レプチンとグレリンの働き

レプチンは満腹中枢を刺激してくれる!!

 

レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、

基本的に食事をしたあと分泌されます。

レプチンが分泌され始めるのは食事を始めてから約20分後です。

レプチンが分泌されると、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、

満腹感を感じるようになります。

すると、「食欲が抑制される」という仕組みです。

食べ物をよく噛まずに早食いしてしまうと、

レプチンの刺激が満腹中枢に伝わる前にお腹いっぱい!!

レプチンをコントロ-ルできれば、

食欲を抑えることができそうですね。

 

 グレリンは食欲中枢を刺激してしまう・・・

グレリンは胃から分泌されるホルモンです。

グレリンが分泌されると、脳の視床下部にある食欲中枢が刺激され、

食欲が増すことになります。

グレリンは、空腹で体内のエネルギーが不足しがちなときに、

エネルギー補充を促すために分泌されるホルモンです。

本当に空腹の必要なときに食欲がでるのであれば、

食べ過ぎて太ってしまうということはありません。

三時のおやつというものにサヨナラしなければならないかも・・

レプチンを出す方法・よく噛むこと!


食事を摂取する時は一口につき30回、噛むことをお勧めします。

えぇ-って声が聞こえてきそうですが

咀嚼して食事の時間をゆっくりとることで

レプチンを増やすことが出来るんです!!

食事が早い人は意識してみてください。

食事量が減ってきますよ。

レプチンを出す・質の良い睡眠をとること


アメリカでの研究データによれば睡眠時間が少ない人の方が

肥満になりやすいという報告があります。

睡眠時間が減るとそれに比例して

レプチン濃度も低くなっていく研究結果も出ています。

逆に、食欲を増やすホルモンのグレリンの割合は増えてしまうんです。

グレリンは先程説明したようにエネルギ-補給を促すホルモンなので

食欲増大・食べ過ぎてしまうんですね。

睡眠不足にならないように意識しましょう!

レプチンを出す・良質なたんぱく質をとること!


たんぱく質の摂取の少ない人はレプチンの分泌も少ない傾向にあるというデータもあります。

そこで効果的なのが「亜鉛」の摂取です。

亜鉛にはレプチンの分泌を促進させる効果があります。

赤身の肉、レバー、卵、チーズなどは良好な亜鉛を含んでいます。

その他、牡蠣、するめ、たらこ、あさり、大豆製品。

ひじき、わかめなどの海藻類。舞茸、しめじ、えのき、

干ししいたけなどキノコ類。

ゴマ、アーモンド、カシューナッツ、松の実などのナッツ類。

亜鉛は基本的に動物性食品に多く含まれているそうなので

意識して亜鉛を多く含む食品を摂取するようにしましょう。

 

亜鉛不足になると・・・

亜鉛の一日分の摂取推奨量は、成人男性で10mg成人女性で8mgとなっています。

日本人に不足しているミネラル物質で

不足している場合次の症状が出る事が多いようです。

*肌荒れやシミが目立つ

*抜け毛

*性機能低下

*疲れやすい

*貧血

*味覚障害    などなど・・・

亜鉛を意識して摂っているのになんだかなぁ~と感じている方、コーヒーは亜鉛の吸収を50%低下させてしまいす。

コーヒーが好きな方はサプリメントなどを飲む1時間前あるいは飲んだ2時間後に亜鉛を服用する方がいいとも言われています。。

他にも、加工食品に含まれているポリリン酸は、亜鉛の吸収を阻害します。

また、亜鉛は胃酸の分泌が落ちると吸収が低下するようです。

 

カラダの中でたくさんのホルモン物質がある中でレプチン・グレリンを

案内いたしました。いかがでしたか?

今後はセロトニンなどのホルモンについても

案内していきたいと思っています。

全ての方法を実践するのは不可能に近いと思います。

自分のライフスタイルにあったものを取り入れて

ダイエットの効率のベ-スアップをはかりましょう!!

美骨ファクトリ-は全力で応援致します!!

 

エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-は、こちらをクリックしてください⇓
美骨ファクトリー様ロゴ_透過

〒612-8082
京都府京都市伏見区両替町9丁目254-2 北川コンサイスビル103号

TEL  075-634-7041

エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-

http://www.kyotodiet.com/ 

エステダイエット痩身ブログは、こちら⇓
http://aobaseikotsuin.net/blog/

美骨ファクトリーLINE@は、こちらをクリック⇓
友だち追加数

 

 - 美容と健康情報