ライフワークで知恵を形式知に(夢をかたちに!)

コンサルティング・カウンセリング・コミュニティー活動への提言

*

 応援記事

「不幸」と「幸せ」はワンセット。「不幸」は「幸せ」の前半分

スポンサードリンク


「幸と不幸は『たまご構造』である。



それも、ゆでたまごではなく、
『生たまご』なのではないか」と
いうこと。



たとえば「おいしい」という概念の
前段階として、「空腹だ」という
概念が存在しています。



つまり「空腹」という現象がなければ、
「おいしい」という現象も存在しない
ということです。




同じように、「のどが渇いた」という
現象がなければ、「のどの乾きが
潤せて、うれしい」という現象も存在
しないわけです。



しかも空腹であればあるほど、
おいしさは増していきます。



逆に空腹の程度が小さければ、
おいしさの程度も小さくなります。



空腹の量とおいしさの量は、明らかに
連動しています。



「おいしい」という幸せを味わうため
には、「空腹」という現象(一般的に
不幸と考えられている現象)を味わわ
なければならない。







そして「一般的な不幸というものは、
幸せの前半分である」という構造は、
生たまご(鶏卵)の構造に似ています。



空腹=たまごの白身

おいしさ=たまごの黄身




生たまごは、割って器に入れたとき、
白身と黄身が分離しています。



しかし、かき混ぜると境界線が
なくなって溶け合います。



そして一度かき混ぜると、それを
ふたたび白身と黄身に分けることは
できません。



なぜなら白身も黄身も、本質は同じ
ものだからです。



だからこそ、完全に混ざり合って
しまうというのです。



幸も不幸も存在しておらず、事実や
現象はひとつだけです。



ただ、それを受け止める側の「心」
が、その現象の価値を決めている。



つまりは捉え方の違いで、目の前の
現象は「幸」にも「不幸」にもなる
わけです。




だとすれば、いままで「不幸」と
思っていたことを「幸せの前半分
かもしれない」と捉えてみると、
世の中が違って見えるかもしれません。



参考文献:『ありがとうの魔法』
(小林正観著、ダイヤモンド社)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - コミュニケーション, コミュニティー, コラム, コンサルティング, セルフコントロール, 問題解決, 生き方, 社会心理学