「応援と感謝」ソーシャルメディアのビジネス活用のヒント

「応援と感謝」ソーシャルメディアのビジネス活用のヒント

*

 応援記事

前年比160%という快挙を達成 〜応援と感謝「実践者の声」〜元ふぐ料理店 店長 吉岡達矢

応援と感謝「実践者の声」〜元ふぐ料理店 店長 吉岡達矢
今は退職しておりますが
以前は『玄品ふぐ 高槻の関』で
夫婦共々頑張っていました。

ふぐ料理と言えば、冬の食べ物。
そんなイメージがあったので
夏場の集客には頭を痛めていました。

そんな時ノブ横地さんのセミナーに出会い
学んだ言葉『応援と感謝』
そして『誠実な下心』。



自分が何者であるか投稿に出していますか?
言いたい事をしっかり伝えてますか?
応援される仕組みを作っていますか?

そんな事を頭に入れ、一心不乱に
Facebookページやブログに投稿しました。

すると、お友達からイベントを
開催して頂けるようになり
定期的にたくさんの方がお越し頂ける
お店へと変わっていき、氣がつけば
前年比160%という快挙を達成するほどに。

応援と感謝「実践者の声」〜元ふぐ料理店 店長 吉岡達矢
そして、いつの間にかソーシャルで
お友達が大阪で集まる拠点として
使って頂けるようになりました。

会社組織であったので、
いろんな規制もありましたが
SNSというものは会社ではなく
個に繋がりが出来ていくものです。

自分の想いみたいなものを誠実に伝えて
継続していけば必ず結果は出てくると思います。

今後もこの繋がりを大切に
もっと皆様に満足して頂けるお店を目指して
新しいお店を創り上げていこうと
思っております。

元ふぐ料理店
店長 吉岡達矢

動画メルマガ(4回)登録フォーム

 
 
*登録ボタンを押した後、すぐに1通目のメール「ノブ横地~目からウロコのSNSの動画一本目」が配信されます。受信箱にない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性もありますので、迷惑メールフォルダもご確認ください。 *また、氏名/メールアドレスが不正(捨てメールなどの利用等)の場合は、リストから削除されますので、あらかじめご了承ください。

 - 実践者の声